激務を改善する方法

看護師の仕事は、人材の不足も関係して激務であることで知られています。日勤と夜勤に加え、いつ呼ばれるか分からないナースコールにも常に備えなければいけません。急用が多くてバタバタすると、今度は残業時間が多くなります。残業が多いと体を休める時間が短くなり、更に疲れが増すという悪循環に陥ります。

このような状態になった時、とるべき対策が二つあります。まず一つは、仕事の進め方を見直すこと。例えば仕事の段取りが悪く二度手間が多いような状態ですと、仕事が終わるどころか積み重なるばかりです。自分の問題なのにも関わらず「仕事が多いから仕方ない」という考えになってしまうと、なかなか良い状態に改善することができません。そして二つ目は、自身のコンディションを整えること。例えば夜更かしして寝不足であれば、脳が正常に働かず普通の仕事量をこなすことができず量が多いと錯覚してしまいます。常にベストな状態で仕事をするのは社会人としての常識です。

これらを見つめ直し、完全に仕事の量が多いと判断したのであれば、上司に業務改善の提案をする必要があります。職場の環境を改善するのも、上司の立派な仕事です。もちろん、単に忙しいから仕事を減らしたいという稚拙な要望ではなく、日勤の仕事を比較的落ち着いている夜勤に回すなど具体的な提案が必要です。仕事は、早く正確に行うことで次々と消化できるはずです。仕事を後回しにしてしまえば、急用が入った時に高確率で残業になるので早めに仕事を終わらしていく姿勢が大切です。仕事の要領を良くするためには、第三者の声を聞くことが大切です。人から話しを聞いたり、ネットでリサーチしてみるなどして、仕事への対策を練りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です